10月のトピックス                            

 10月31日(木)
 いよいよ駅伝大会です。毎日、早朝、放課後と苦しい練習を経た子どもたちはしっかりたすきをつなげてくれました。この「駅伝大会」は今年で64回目です。今日の子ども達は、先輩達に対しても胸を張れる走りを見せてくれました。
 この駅伝大会に対しては本校の職員の思いも込められていました。雨で練習ができない日が続いた時、暗いうちから空を見上げて雨がやむのを祈っていたり、大会会場を何度もチェックしたりと、何とかよいコンディションで子どもたちを走らせたいという強い思いがありました。毎日の練習には、多くの教職員が校庭に出てタイムを計ったり、激励したりしておりました。
 保護者の皆さんの温かな支えと教職員の思いが合致した大会でもあったと思います。ご協力、ご声援ありがとうございました。
 
                         たすきをつなぐ


         試合が終わり、くつろぐ選手達           記念撮影(私も入らせてもらいました)
 10月30日(水)

  今日は2年生の校外学習でさいたま市の自慢でもある「鉄道博物館」に行ってきました。子どもたちは一般の入館者が入る前に博物館に入れていただき、大宮小2年生だけで「ヒストリーゾーン」を独占です。子どもたちはゆっくり見るというよりも夢中になって各ブースをまわっていました。
 さすがに全国から来館者がある「てっぱく」だけのことはあります。魅力的なプログラムがいっぱいでした。
 ボランティアとして多くの保護者の皆様にお手伝いいただきました。おかげさまでよい校外学習とすることができました。深く感謝いたします。
 
         C57のすぐ横を歩く               日本で最大級のジオラマ

   電車の中のマナーについて「ラーニングゾーン」         フレンドリートレイン内でのお弁当
 10月29日(火)
 毎日、苦しい練習を続けてきた駅伝メンバーの壮行会が朝行われました。選手達の実際の走りを披露した後、応援団によるエール、そして、それに応えて男女各チームの代表者が力強い言葉を述べました。
 2020年には東京オリンピックが開催されます。その時に、このチームから活躍する選手が出てくるかも知れません。
 
 10月28日(月)
 本日は「つぼみの日」。小中一貫教育に取り組むさいたま市の小中学校で一斉に行われました。大宮小学校の学区は通常の学級が大宮東中学校、特別支援学級は大宮第二東中学校となっています。今日は午後からそれぞれの学校に子どもたちは行き、中学校の様子を見させていただきました。各中学校では、子どもたちが進学する準備の為に、授業と部活、合唱コンクールの練習風景などを公開していただました。
 あと半年後には自分達がいる場です。大きな中学生がいる教室を恐る恐るのぞいてみたり、興味ある部活の様子を真剣に見たりしていました。山田校長先生からは「大宮小学校出身の先輩達、頑張ってますよ。」との嬉しい言葉をいただきました。
 
  子どもたちを激励し、中学の説明をする山田校長先生            部活などの説明をしてくれた生徒会長さん

     合唱コンクールの練習風景を見る6年生          先輩と会うことができたみやのこ学級の子どもたち
 10月26日(土)

 待ちに待った「あおぎりまつり」を無事開催することができました。「お客さんが笑顔になったら大成功!」の言葉どおり笑顔がいっぱい広がった一日でした。

 「あおぎりまつり」は縦割り活動です。1年生から6年生までがグループを作り、そのグループであおぎり祭りに向けての企画を立て、運営していきます。これまでに3回縦割りグループで集まり、準備をしてきました。それだけでなく、このグループで遊んだり、給食を食べたりして人間関係を作った上での今日の「あおぎりまつり」だったのです。

 勿論、その中心は6年生です。1年生からのグループメンバーをまとめ、引っぱっていかなくてはならないのですから大変です。教職員のアドバイスや指導があるとはいえ、、大変な重圧でもあるのです。そこを乗り越えての本日の成功。大きな達成感があったでしょう。ご家庭でも大いに評価してあげて下さい。

 一回り大きくなった6年生は、これからも周年行事等で大活躍してくれます。乞うご期待です。
 


 10月25日(金)
 今日は朝からJRC委員会の児童とPTA役員さんによる資源回収がありました。その横ではJRC委員会の児童による赤い羽根の募金も行われていました。
 みんなの時間には素晴らしい姿を運動会で見せてくれた応援団の解散式。駅伝の応援が最後の仕事になります。ご苦労様でした。
 そして、いよいよ明日は
「あおぎりまつり」です。6年生が中心となって準備を重ねてきました。最後の準備を終え、明日の本番を待ちます。準備が終わり、最後のミーティングをしていたあるグループの6年生は
「お客さんが笑顔になったら大成功!お客さんの笑顔を目指して頑張りましょう」
と縦割り班のメンバーに話をしていました。頼もしい6年生です。
 明日の御来校をお待ちしております。
 
   資源回収するJRC委員会の児童とPTA役員の皆さん           応援団解散式


              明日の「あおぎりまつり」前日準備をする子どもたち
10月25日(火)
 台風27号接近に伴い、、次のような措置をとります。
 ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。
台風27号接近に伴う児童の安全確保等について
 10月24日(木)
 塩谷哲さんのアウトリーチコンサートが実施されました。朝からいらした塩谷さんは、休み時間を利用して吹奏楽部とリハーサル。当日、吹奏楽部との共演をしてくれることになったのです。塩谷さんからの指導でまた、大きくステップアップした子どもたちでした。
 コンサートは、ジャズの楽しさを存分に味わうプログラムでいっぱいでした。軽快なリズムと楽しい演奏で子どもたちはのりのりでした。途中で、東日本大震災で被災した方々に捧げる塩谷さんが書かれた「無言歌」、そして最後はこれでピアノ1台だけの演奏なのかと思わせる力強い「スパニッシュワルツ」で演奏会は終了しました。吹奏楽部との共演はその後で実現しました。塩谷さんのピアノと吹奏楽部による「ルパン三世」は圧巻。涙が出てきました。

       吹奏楽部に指導する塩谷氏                  コンサートで演奏する塩谷氏
 
 子どもたちが選んだ音で曲を作り披露してくれました            吹奏楽部と演奏した「ルパン三世」
 10月23日(水)
 明日のアウトリーチコンサートで使うピアノが夕方体育館に運ばれました。本校の吹奏楽部も演奏することになったコンサート、どのようなものになるか。とても楽しみです。
 保護者の皆様も参加できますので、どうぞ、御来校ください。
 
 10月23日(水)
 本日は、さいたま市教育委員会による「管理訪問」がありました。教育委員会の先生方が学校の安全等についての確認をし、必要な事項については指導をするというものです。万全を期しているつもりの大宮小でしたが、いくつかの指摘を受けました。しっかり、改善していきます。
 また、台風が心配されるところではありますが、あおぎりまつりの実施日が近づいてきました。子どもたちはとても楽しみにしています。、 リーダーとなっている6年生はちょっぴり緊張の面持ちです。多くの方々のご参観をお待ちしております。
 あおぎり315号の編集会議をしている広報部さんの編集会議のところにも生かせていただきました。結構楽しそうでしたよ。
 
    あおぎりまつりのしおりを見る3年生           あおぎりまつりの打合せをする6年生

   「管理訪問」を終えて                    PTA広報の皆さんによる編集会議
 10月22日(火)
 気付いたらアクセス数が1万件を突破していました。多くの方々にこのページを見ていただき感謝いたします。本日は音楽朝会からスタートです140周年に因み「だれにだってお誕生日」を振り付け付で全校で楽しく歌いました。また、4年生の音楽の授業では、140周年記念音楽会に向けてきれいな歌声を響かせていました。音楽会がとても楽しみです。
 また、午後から新1年生の為の就学時健診が行われました。6年生の有志が子どもたちの誘導などで大活躍。頼もしい6年生です。
 
 10月21日(月)
 本日は「140周年記念映像」の撮影がありました。学校の1日の様子、そして、全学級の学習や活動の様子をビデオに収めました。変わりゆく大宮の街の様子も映像として専門業者に撮ってもらいました。記念音楽会の映像と合わせて保護者の皆様にも頒布する予定ですので、ご期待ください。
 また、本日は「あおぎりタイム」」の後になかよし給食を行いました。あおぎりまつりで同じ活動をするグループ同士で給食を食べます。なかよしさんがたくさんいました。
 
  撮影でパフォーマンスを披露している2年生           なかよし給食でのなかよしです
 10月19日(土)
 本日は大宮中部地区社会福祉協議会(会長 大原佐恵子氏)主催の2013・中部地区「ふれあいのつどい」〜三世代交流〜が大宮小学校で開かれました。
 大宮東中学校の生徒15名が担当してくれたゲームコーナから始まり、本校の吹奏楽部の演奏や、4年生児童による花笠音頭の披露、大宮中部公民館佐藤猛氏による「歌声広場」等多くのプログラムが用意されていました。また、私にも大宮小学校紹介の機会を与えていただき、子どもたちの日常を写真によって紹介させていただきました。
 最後は「お楽しみ抽選会」です。景品に自転車もあるという豪華な抽選会でした。
 まさに三世代交流の場となる楽しい場。ニコニコしながら「楽しかった!」と言って帰る子どもたちやお年寄り。私も幸せな気持ちになりました。
 
   みなさんの前で演奏する吹奏楽部          子どもたちに碁を指導
 
  歌唱指導する佐藤館長さん              花笠音頭を披露する4年生
 
 10月18日(金)
 天気にも恵まれ、3年生は待ちに待った校外学習に出発しました。目を輝かせて施設を見学してきた子どもたちは、今日1日でたくさんのことを学んできました。
 大宮花卉園芸では、花を育てている様子をビニールハウスの中に入って見学しました。
 埼玉スタジアム2002では、ロッカールームを見学したり、選手と同じ様にグラウンドに入場したりしました。
 大正製薬では、製品ができるまでのお話を聞いたり、作業着を着させていただく体験をしました。
 貴重な体験を終えた子どもたちは、短い時間の中でまたひとつ成長したように感じられます。
  

       校外学習いってきまーす!                 花を見学する子どもたち

 

        選手入場!                 作業着を着る子どもたち

 10月16日(水)
 心配された台風も過ぎ去り、2時間遅れで学校は始まりました。朝の強い風により、氷川参道横の大きな木が倒れ、車にぶつかってしまったり、写真にあるように木が裂けてしまったりしていました。しかし、子どもたちが登校する時間には、全て市で対応していただいており、安全に登校することができました。有難いことです。また、学校でも登校時に合わせて通学路の安全確認や登校指導をしましたが、多くの保護者の方が子どもたちを送ってくださっていました。有り難うございました。
 
 裂けてしまった木の撤去作業       元気に歌う3年生
10月15日(火)
 台風26号の接近に際し、児童の安全を最優先に考え、次の文書のような措置をとります。
 ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。
   台風26号接近に伴う児童の安全確保等          1年生「校外学習」の対応
 10月15日(火)
  今日の大宮小学校は、様々な活動が目白押しです。朝は「あおぎり集会」。後期の代表委員会委員長になった大島さんをはじめとする代表委員が自己紹介をし、それぞれの抱負を述べました。その後、「みんなで本をよもう委員会」で「お弁当の歌」に合わせた掲示物の披露、そしてクイズが出されました。大作の掲示は大変見応えがありました。その後、「動物を飼おう委員会」が新しく仲間に加わった2羽のウサギの名前を募集しました。このウサギは市内の小学校から譲り受けたものです。これで1羽しかいなかったウサギに仲間ができました。
 みんなの時間には、今年度2回目のミニライブがあり、大勢の保護者の皆さんが参観されました。1年3組のかわいらしい歌と踊り、そしてエンターテイメントクラブの劇「ピーターパン」です。迫真の演技に大きな歓声が起きました。
 また、みやのこ学級では、ALTのカルガン先生とJATの丸山先生による英語の活動がありました。子どもたちが作ったハロウィンのカードはとても素敵でした。お別れの歌には私も一緒に子どもたちと手をつないで参加させてもらいました。
 
      みんなで本を読もう委員会による「お弁当の歌」           動物を飼おう委員会によるウサギの名前募集

      ミニライブ 1年3組の歌と踊り                ミニライブ  エンターテイメントクラブの「ピーターパン」

みやのこ学級 英語の絵本をカルガン先生に読んでもらいました       お別れの英語の歌をみんなで歌いました
 10月11日(金) 速報
 本日、10月24日の140周年記念アウトリーチコンサートで演奏してくださる日本を代表するジャズピアニスト塩谷哲氏が場所のチェックと打合せにいらっしゃいました。本校に吹奏楽部があるということお知らせしたところ是非、演奏を聴きたいとのこと。このコンサートで吹奏楽部が塩谷さんに対するお礼の演奏をすることとなりました。頑張れ、吹奏楽部!
 
    古田教諭と打合せをする塩谷 哲氏           ピアノを弾く塩谷哲氏
 10月11日(金)
 金曜日の朝の時間は「学級の時間」です。学級や学年で決めなくてはならないことや指導しなくてはならないこと等を行う貴重な時間です。4年1組では来週行われる校外学習の事前指導を、6年生は「就学時健診」の手伝いをする子どもたちに説明をしておりました。就学時健診は新1年生となる子ども達が初めて学校に来る日です。手伝う6年生は正に学校の顔となり、責任重大です。しかし、皆、自分から希望してくれました。
 2年生は生活科の「図書館へ行こう」という単元の学習で、大宮図書館にお邪魔しました。館員の皆さんから丁寧な説明を受けたり、大型絵本を読んでもらったりして図書館を楽しんでいました。今度は是非、ご家族で行ってみてください。
 
   校外学習の「個人のめあて」を決めています                 就学時健診の説明を受ける6年生

    図書館の方から説明を受ける2年生                   大型絵本を読んでくださる図書館の方
 10月10日(木)
 本日は、「おはよう活動」の後、図書ボランティアさんによる「朝読み」がありました。このような活動を継続していただいているおかげで大宮小の子どもたちは本が大好きです。そして、秋の歯科健診。校医の高橋先生が丁寧に子どもたちの歯の健康をチェックしてくださいました。
 校長室から校庭を見ていたら6年生が砂場から砂をせっせと運んでいます。何をしているのだろうと行ってみると、それは理科の実験の準備だったのです。「てこ」の学習をするためでした。苦労して重い砂を持ってきたかいがあり、子どもたちはてこの作用をしっかり実感することができました。小学校では、このように実体験から学ぶことはとても大切なのです。
 
     「朝読み」をしてくださる図書ボランティアさん          歯のチェックをしてくださる高橋先生

               砂を運ぶ6年生                            てこの実験をする6年生
 10月9日(水)
 運動会の練習のために中断していた「あおぎり体力アップ」での持久走。軽快な音楽にのって再開しました。体力の基本である走力を高めていきます。
 また、4年生はコンピュータを使った理科「月の動き」の学習をしていました。コンピュータによる再現で、非常に分かりやすく学ぶことができます。4年生とはいえ操作は慣れたものでした。
  
              力走!                  月の動きを調べる4年生
 10月8日(火)
 本日は5.6年生の英会話の時間に、6年生が5年生を招いての「ワールドバザー」が行われました。6年生がドイツ、フィリピン等の国毎に分かれ、お国自慢の物品をカードにして売るのです。勿論、ディスカウント等の交渉があります。ただし、英語を使ってです。我々大人も同じですが、子どもたちは手振り身振りを交えて必死にコミュニケーションをとっていました。小学校の英会話は英語力をアップするためではなく、相手と意思疎通を図るためのコミュニケーション能力を高めるためのものです。面白いことに、英語だと自然にテンションが上がってきます。
 みんなの時間では、図書ボランティアさんによる、ハロウィン用の飾りを作る「折り紙教室」が開かれました。こちらは、みな真剣な顔付きで折っておりました。様々な場面で活躍してくださるボランティアの皆様、いつも有り難うございます。

               6年生が5年生を招いてのワールドバザー

 
                図書ボランティアさんによる折り紙教室
 10月7日(月)

 学校と地域、2つの運動会を終えても子どもたちは元気です。
 昨日の大縄跳びで筋肉痛の校長を尻目に、勢いよく長縄跳びをしておりました。
 大宮小学校の子どもたちのパワー、そして意欲は衰えることはありません。
 
 10月6日(日)
 天気が心配されましたが朝には雨はあがり、本校校庭で「中部地区運動会」が開かれました。各自治会の皆さんが一同に集う地域の運動会。大いに盛り上がりました。

 本校も教職員チームとして自治会の皆さんと共に参加させていただきました。そして、なんと3位入賞を果たしたのです! たくさんの子ども達・保護者の前での競技でしたので教職員一同、かなりのプレッシャーがありました。学校の運動会では競技や演技に対する姿勢やメリハリのある態度などを子どもに指導してきた手前、へたな姿を見せるわけにはいきません。私など、初めは「参加することに意義がある」という構えであったのですが、競技が進むにつれ、勝負をはっきり意識する!?ようになりました。

 中部地区運動会では、普段見せない、リラックスした姿や、むきになる姿、歓声を上げる姿など様々な教職員の姿をお見せいたしました。これも、地域の運動会ならではのよさということでご容赦いただければ幸いです。
  
         開会を告げる吹奏楽部の演奏                       談笑する教員と子どもたち

 パン食い競争(学校の運動会では絶対にありませんね)             1位に輝いた大縄跳び

         1000mリレーでの力走                      総合3位に喜ぶ教職員
 10月4日(金)
 「運動会では、子どもたちも先生方も全力でがっんばり、すばらしかったです。何回もビデオを家中で見ました。今後とも逞しく元気にがんばってください。」
 このようなメッセージが書かれた素敵な絵を地域にお住まいの門口様よりいただきました。門口様の曾孫さんが本校に通っています。
 職員一同、元気をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
  
 
 10月3日(木)
 大宮小学校のシンボルといえば、あおぎり。校庭で子どもたちを見守るあおぎりには実がなっています。まるで鈴のようです。
 近くで4年生が体育をしていました。子どもたちの元気で楽しそうな声が聞こえてきます。
 これからもずっと、子どもたちのことを見守ってください。
  
 10月3日(木)
 140周年記念事業の一つである、「築山改修工事」が始まりました。
 子どもたちは、築山が大好きです。みんなの時間(休み時間)になると、多くの子どもたちで賑わいます。
 築山やそこにある遊具が安全に効果的に使用できるようにしています。
 来週には使えるようになりますので、楽しみに待っていてください。
 
 10月2日(水)
 今日は、本校で学んでいる教育実習生3名の研究授業がありました。これまで学んだことを生かして1時間の授業をするものです。授業者が誰であっても一生懸命学習する大宮小の子どもたち。実習生もやりがいがあったのでは。
 9回目となる140周年記念事業実行委員会が、本日開かれました。記念式典まで、あと1ヶ月余となり、話し合いはかなり具体的なところに入っています。
 
   実習生の授業で一生懸命ノートをとる1年生        140周年記念事業実行委員会
 10月1日(火)
  運動会が終わり、ほっと一息ついた大宮小学校のはずでした。しかし、校庭や教室から元気な声が聞こえてくるのです。どうしたことかと覗いてみると…。
 校庭では、来週の土曜日(12日)に本校校庭で運動会を行う「大宮幼稚園」の園児が、4時間目終了からお昼休みの間の時間をつかって練習をしておりました。
 また、「みやのこ学級」ではビデオを見ながら、運動会の復習!を元気にしておりました。運動会の余韻はまだ、続いています。