2月のトピックス                                

 2月28日(金)
 早いもので本日で2月は終わります。今日は学校を守り、支えてくださっている方々が集まる2つの会議がありました。
 「防犯ボランティア連絡会」では、各自治会毎に、学校の安全・安心に関わる担当者を決めていただくことが了承されました。又、「学校評議員連絡会」では、児童、保護者、教職員で行った教育改善アンケートの結果についての報告と本校の「いじめ防止基本方針」についてのご意見をいただきました。小中連携のあり方も含めて貴重な意見をたくさん頂戴しました。
 今日が最終日になりますが、大宮東中学校より、「未来くるワーク」として4名の生徒が本校に来ています。先生側に立っての学校はどのように見えたのでしょうか。
 
             花     見                         防犯ボランティア連絡会

               学校評議員連絡会                     「未来くるワーク」で職場体験をする中学生
 2月27日(木)
 インフルエンザの影響で開催が危ぶまれたクラブ発表会。5年2組が参加できず、残念でしたが実施いたしました。
 お昼に、録画したクラブの発表があり、午後に体育館での発表です。運動系のクラブの素晴らしい技に何度もどよめきが起き、文化系のクラブの発表には、笑いや共感があるというレベルの高い発表会となりました。
 クラブ活動は@異年齢の児童が共に活動する A活動内容を自分で選べる という大きな特色があります。本校では、学校だよりでもお知らせしたように「自分から進んで、本気で粘り強く行動する児童」の育成に努めています。自分で選んで活動するクラブ活動は、そのような子供を育成する絶好の場なのです。これからも大切にしていきます。
 
              あおぎりバンド                   エンターテイメントクラブ

                体操クラブ                       バスケットボールクラブ
 2月26日(水)
 本日は午前中出張で不在でしたが、みやのこ学級に第二東中学校の生徒が訪問し、交流会が開かれました。とても楽しい時を過ごしみやのこ学級の子供たちが行った劇も大成功だったようです。
 5時間目は6年生の授業参観が他の学年に先駆けて行われました。1組は英会話「Welcome to World Bazaar!!」です。8カ国の物品(写真や絵で表されています)を売り買いする活動です。値引き交渉等も行うのですが、子供たちはNative speakerの保護者にも、臆せず対応しておりました。
 6年2組では保健学習「飲酒の害」が行われました。飲酒体験の実態を示し、なぜ、体に悪いのかと言うことも含めて学習しました。私にとっても耳が痛い授業ではありました…。何事もほどほどですね。 
 
         第二東中学校の先輩とダンス                6年生を送る会の準備をする5年生

             「飲酒の害」の学習                Native speakeの値引き交渉にも負けません
 2月25日(火)
 本日は「あおぎり集会」からスタートしました。ここでは集会委員会による縦割りグループでのゲームを行いました。グループ毎に一文字ずつばらばらに書かれたカードを140周年のキャッチフレーズ「みんなで迎えた140周年 笑顔輝くあおぎりっ子」に並び替えるというものです。これがなかなか難しい。時間がかかったグループが結構ありました。
 5校時は5年1組の英会話です。
「Can you do this?」
と言って、自分の得意なパフォーマンスをします。他の者は
「Yes.I can」「No.I can’t」
と答え、その後、賞賛として
「Excellent」「Wonderful」などの言葉を言うという学習です。発音はともかく、突然の指示にもかかわらず、皆ななかなかのパフォーマンスを見せてくれました。
 
          集会委員のゲーム説明                  顔を付き合わせて順番を確認します

                            パフォーマンスを見せる子供たち(5年1組)
 2月24日(月)
 まだまだ寒い日が続き、校庭の雪はいつまでたっても残っています。

 今日は「お別れ球技会」が開催されました。この球技会は毎年この時期に行わるバスケットボール大会です。先ずは5年生と6年生が対戦します。1学期に行われた3校親善球技大会で鍛えられている6年生と5年生が対戦するのですから、力の差は歴然です。そのような状況で、5年生は6年生の胸を借りて戦うのです。開会式で、5年生の鈴木さんから、「ぼくたちも全力で戦いますので、6年生も手加減しないようにお願いします。」との力強い言葉がありました。
 
 また、後半は6年生対教職員の対戦です。教職員も手加減はしません。バスケット経験があり、現在も青少年バスケットに貢献している教頭、体育を専攻してきた若手教員等も全力で勝ちにいきました。私も老体に鞭打ち、4試合に出場。足ガつりそうになりながら3ゴールを決めました!しかし最後の試合は2対2の同点で終了。凄いぞ、6年生。大きな成長をバスケットで実感させてくれました。

 教職員チームの真剣さが写真からお分かりになるでしょうか。
 
            開  会  式                   全試合に出場した興野教諭

       子供たちを振り切る慶野教諭                シュートを決める石川教頭

            このパスの先は!?           閉  会  式
 2月21日(金)
 5年2組の教室に入るとボール紙にいろいろな物を貼り付けています。「でこぼこ広場に絵の具が走る」という不思議な題材名の制作をしていたのです。子供たちの大好きな図工の時間。いつも思うのですが日本の教育は多様な力を伸ばす為に、多くの教科や領域等で授業を行っています。この時間、子供たちは創造性を逞しくして作っておりました。
 今日は新入児の通っている幼稚園や保育園の先生が来校。1年生の授業を参観した後で連絡会議を開き情報交換をしました。昨日は新入児の保護者に説明会を開きましたが、本日は保育園や幼稚園の先生方に大宮小学校の教育についての説明をさせていただきました。
 新1年生の入学がとても楽しみです。
 
           情報交換(5年2組 図工)              1年1組

              1年2組                      1年3組
 2月20日(木)
 今朝は、雪がまだ残る中で「おはよう活動」を行いました。雪に埋もれたゴミを掘り起こすのは容易なことではありませんが、皆、頑張っておりました。雪で折れたのでしょうか、大きな枝を持ってきた子もおりました。
 もっとも興味が雪に向かい、ゴミ探しより雪を掘り起こすことに夢中になっている子供もいました。また、校内を清掃している2年生が鳥の足跡を発見し、私に報告してくれました。
 氷や雪の中での清掃活動です。手袋をしていても手がいたくなるような気温でしたが、そんな中にも楽しみを見付ける子供たちでした。
 
   
 2月19日(水)
 今日は部分開放ではありましたが、朝から1日校庭を使うことができました。
 本校学校図書館では「あおぎり100選」と言う取り組みをしています。推薦図書を学年毎に決め、それを全部読んだ子を表彰しています。今日は2年3組に行って表彰してきました。心と頭の栄養になる読書活動をこれからも推進していきます。
 
     朝から元気に遊ぶ子供達                   「あおぎり100選表彰」2年3組   
 2月18日(火)
 担任が休みをいただきましたので、本日、5年1組で特別授業を行い、絵本やビデオの紹介をしました。明日は、先日6年生で行った「幸せ」5年1組バージョンの授業を行う予定です。
 今朝早く、深井教諭が校庭を見ながら腕組みをして悩んでおりました。降雪の影響で校庭がまだ凍っていたのです。校庭で思い切り体を動かさせてあげたいという担当教諭の思いをなかなか天は聞き入れてくれません。
 
        「幸せ」授業の予告(撮影 唐沢さん)               部分開放で体を動かす子供たち
 2月17日(月)
 きれいに晴れた一日でしたが、校庭は使えません。
「速く乾いて!」子供たちと教職員の願いです。
 4年1組では算数「重さをはかろう」の学習をしていました。全国的にはインフルエンザが減ってきているようですが、本校では3年生の罹患が増えています。そこで、全員がマスク着用での授業となりました。
 2年生はALTのカルガン氏による英語活動です。オリンピックで金銀銅メダルをとった選手についてのやりとりをしておりました。英語は結構通じています。
 本校では、皆が使う場所(階段等)について、「縦割り清掃」を行っています。1年生から6年生までが協力して掃除をしています。年齢の違う子供が行う学校という特性を生かした活動の1つです。
 
        枝垂れ梅がきれいに咲き始めました          算数「重さをはかろう」4年生

             「英語活動」2年生              「縦割り清掃」    
 2月14日(金)
 朝から雪が降り、夜には大雪警報が出され、明日予定されていた「4校音楽の集い」は残念ながら中止となっていまいました。
 「タイムカプセル埋設式」が本日行われました。各学年の児童が思いを発表し、10年後への自分に宛てた葉書をタイムカプセルの中に入れました。130周年時の船越校長先生にもお出で頂き、思い出を語っていただきました。明日の読売新聞、来週の水曜日の埼玉新聞にその様子が掲載される予定です。
 5時間目には、5・6年による「アオギリンピック」表現の部が行われました。各クラス共、気持ちのこもった見応えのあるパフォーマンスを行いました。5年生が最後に掲げた「今の6年生を超えるぜ!」の文字に6年生は大喝采。確かに最高の賛辞です。
 
               雪と紅梅                      タイムカプセル埋設式

            5年生のパフォーマンス              パフォーマンスを終えた6年生
 2月13日(木)
 みんなの時間に図書ボランティアの皆さんが「お話会」を開催。絵本を登場人物ごとに役割を決めて読んでくださいました。参加した子供たちは、皆、お話の世界に引き込まれていました。本の世界を通じて、様々な知識を得たり、様々な感情を疑似体験したりして、人間の幅を広げていってほしいものです。
 6時間目は、3年生を対象とするクラブ見学が行われました。クラブ活動は、異学年の子供たちが、共通の関心事によって集い、自治的に活動していくものです。3年生は、自分が関心のあるクラブを仲間と一緒に見て回りました。4,5,6年生が楽しそうに活動するのを前に、来年への期待を膨らませているようでした。3年生の皆さん!来週はクラブ体験ですよ。
 


 2月12日(水)
 本日は6年2組で「幸せ」についての授業をしました。「幸せとはなんぞや」という授業を子供たちが描くイメージを確認しながら行いました。15歳で出場した初めてのオリンピックでメダルを獲得した平野歩夢選手、5回オリンピックに出場して4位となった上村愛子選手を例にとり、どこに幸せがあるのかを子供たちと一緒に考えたのです。さすがは6年生、「評価と幸せ」との関係や「日常生活における幸せ」について実に深いところまで考えてくれました。
 また、5年生は体育館で6年生との「お別れ球技会」に向けて、練習を兼ねた学年球技会を開催していました。そこでは、6年生にしっかり胸を借りることができるよう汗を流していました。6年生に負けぬよう、教員チームも練習しなければ!
 
         幼稚園児と交流する1年生               生活科でたこ揚げをする1年生

      合奏「汽車は走る」の練習をする2年生         学年球技会(5年)
 2月10日(月)
 一昨日の記録的な大雪。地域の方々の雪かき等のご配慮のおかげで、子供は安全に登下校することができました。本当にありがとうございます。
 本日は、その雪の為、校庭は使うことができませんでしたが、今日のみんなの時間は、通学班会議が開かれていました。新しい班のメンバー・集合時間や集合場所の確認が行われていました。この通学班は異年齢で構成されています。低学年の子供たちを高学年の子供たちが世話をする姿が随所で見られました。
 幼稚園の園長も兼ねていますので、卒園するすみれ組(年長)の園児とも会食をしています。今日は休んで会食ができなかった園児と6年2組の児童とが少しの時間ですが一緒になりました。このような構成で会食するのも楽しいですね。
   
               今朝の校庭の様子                雪かきされた通学路で登校する子供たち
 
                通学班会議                               園児+6年生の会食
 2月7日(金)
 寒い日が続きます。早足で校庭に出てきた4年生。行った先は日の当たっている場所。体育の授業の前にしっかり太陽で暖をとっていました。寝っ転がっている子もいます!
 また、以前、1年生になる前の給食体験ということで附属幼稚園すみれ組(年長組)の園児たちが給食を食べました。そのときのお礼にと、給食室にあいさつに来てくれました。空っぽになった食缶の写真や園児たちが作った絵などを栄養士や調理員にプレゼント。思わぬ来訪者とプレゼントに調理員もびっくりしました。そして、自然と笑みがこぼれていました。 
 日本特有の教育の一つといわれ、世界から注目されている「掃除」。来訪者の多い職員室前は5年生の担当です。しっかりやってくれています。 
 
           日光で暖をとる4年生             職員室前を掃除する5年生

            幼稚園児がごあいさつ              空っぽの食缶の写真もプレゼント
 2月6日(木)
 昨日は、校庭が一日使用できませんでしたが、今日はなんとか使えるようにと、担当教員が校庭の北側の端のみではありますが開放しました。そのアナウンスが入った途端、大勢の子供達が校庭に出て、寒風の中を元気に遊びました。
 2年2組では、生活科の研究授業がありました。子供達は0歳から2歳までの自分の成長について調べて発表していました。いろいろなことができるようになってきたこと、親の大変さなどがこの学習を通してよく分かったようです。発表する子供たち、そして、発表を聞く子供達の表情はとても素敵です。
 
                    生活科「あしたへジャンプ」の発表をする子供たち

           校庭で元気に遊ぶ子供たち             きらめきメール(最近ぐんと増えてきました。)
 2月5日(水)
 今日は、昨日の雪の影響で校庭の中央部は残雪、南側には氷が張り、スケートリンク状態となってしまいました。そのため1日中校庭は使用不可。子供たちは外で遊ぶことができませんでした。そこで、今日は子供たちが「みんなの時間」をどのように過ごしているかをご紹介します。
 1年1組は生活科の学習で回せるようになった「こま」に興じておりました。2年3組は校庭が使えない場合に許されているトランプを楽しみ、5年1組では、「おもしろ写真係」(勝手に私が名付けましたが、まだ正式な係の名称は決まっていないようです)が写真を撮影中でした。また、このような時の定番である学校図書館でも読書にいそしむ子供達の姿がありました。
 校庭が使えなくとも自分達で楽しい時間を過ごしている子供達でした。 
 
    「こまを回せるようになった!」と得意満面の1年生      トランプを楽しむ2年生


            「おもしろ写真係」?の撮影会           学校図書館の様子
 
2月4日(火)
 雨が雪になり、子供たちは大喜びでした。学校では職員が滑りやすい箇所に塩化カルシュームを撒く等凍結防止対策を行いました。
 校舎内では5時間目にスタジオから元気な太鼓の音が聞こえてきます。寒さに負けないみやのこ学級の子供たちが見事なバチさばきで太鼓を叩いておりました。
 
  今日の朝会は、先日、日本特別活動学会のシンポジウムで発表したものをもう一度6年生の代表児童に全校児童の前で発表してもらいました。これまで大宮小学校児童会が取り組んできた「いじめのない笑顔溢れる学校」にするための「ぽかぽか言葉」や「あいさつ運動」について改めて振り返ると大切なことが一杯詰まっていたことが分かります。
 この様子をご覧になった評議員さんや民生・児童委員さんも大きく頷きながらお聞きになっていました。
  
 2月3日(月)
 節分の今日。給食に豆が出ましたが、皆さんのご家庭では豆まきは行われるのでしょうか。
 本日は、みんなの時間に予告なしの避難訓練を行いました。今回から、「自助」「共助」と2つのねらいを持った訓練にしました。自分が助かるのは無論のことですが、声を出して大人を呼ぶなど、子供たちができる範囲での人助けを意識しての訓練です。
 2年生と幼稚園のすみれ組(年長組)では、さいたま市消防局のご協力を得て煙体験も行いました。       

     
           煙体験を終えて出てきた2年生                            幼稚園児も交えての合同訓練 
 2月1日(土)
 今日はプラザノースに行ってきました。この3日間、ここで特別支援教育作品展が開かれているのです。大宮区、見沼区、北区、西区にある特別支援学級の子供達が制作した作品が展示されています。勿論、本校のみやのこ学級の子供たちの作品も展示されています。私が行った時には、みやのこの子供たちに会うことはできませんでしたが、その作品は輝いていました。写真の下方に見えるのはあおぎりの木の四季を表したものです。先日お知らせした鬼の紙版画の作品も展示されていました。
 現役の子供たちに会うことはできませんでしたが、多くの卒業生に会うことができました。大宮小学校の卒業生はむろんのこと。以前、務めていた学校の卒業生にも会うことができました。とても幸せな気持ちになれた一日でした。
 ここに展示された作品は、近々、「小さな美術館」(校舎間をつなぐ通路にあります)に展示される予定です。どうぞ、ご覧下さい。