3月のトピックス                            

 3月26日(水)
 いよいよ、修了式となりました。修了式は1学期、2学期の終業式とは違い、学年の教育過程を修了したことを認める修了式ですので重みがあります。私はそれぞれの学年等の代表児童に修了証を直接渡しました。 
 私の式辞の後に、代表の子供が1年間を振り返って話をしました。3年生の児童は縄跳びを、5年生の児童は児童会活動を例にとって自分たちの成長を見事に語っていました。
 修了式終了後、子供達は学年最後の通知票を受け取りました。2年3組では一人一人の子供に、通知票と一緒に学年からの「頑張り賞」、そして担任からの「きらめき賞」も受け取っていました。2年3組では、元気な挨拶をしっかりできる子が多かったようで、多くの子が挨拶で「きらめき賞」を受け取っていました。
 1年間、このホームページをご覧いただきありがとうございました。皆様からの励ましの声に、ついつい写真の枚数が増えてしまいました。次年度もよろしくお願いいたします。
 
          児童代表の言葉(3年生・5年生)            生徒指導主任の話を聞く子供たち


             最後の清掃をする4年生             「きらめき賞」を受ける子供(2年3組)
  
 3月25日(火)
 今日は、終業式を明日に控えた日。3年生は子供達が企画した学年集会を実施しておりました。インフルエンザ等の影響で伸び伸びになっていのですが、最後の最後になってようやくできました。そんな状況ではありましたが、皆、楽しくドッジボールを行っていました。
 明日は、いよいよ修了式本年度最後の登校となります。 
 
                作戦を立てる3年生                出欠黒板に記入する当番の子
 3月24日(月)
 青空が広がり、温かな正に春爛漫の素晴らしい日に卒業証書授与式を挙行することができました。朝、行われた「お別れ式」では長Mさんが、在校生にしっかりバトンをつなぐ話をしてくれました。それを聞く在校生の態度も非常に立派でした。卒業式では、卒業生・在校生共に素晴らしい態度で式に臨みました。特に卒業生の「Eye contact」「Big Voice」には目を見張らされました。卒業生たちは、しっかりと目を見て話を聞き、大きな声で「門出の言葉」を言ってくれました。本当に頼もしい卒業生です。卒業生の成長は素晴らしいものがありましたが、子供たちのおかげで我々教職員も子供達の何分の一ですが、成長させてもらいました。
 最後に、内輪話となり恐縮ですが、子供たちの成長を様々な方向から大きく促してくれた両名の担任、そしてみやのこ学級の担任にも大きな拍手を送らせてもらいたいと思います。
 
                  「お別れ式」                      「お別れ式」での退場

             卒業生の見送り                 サプライズ!2組担任慶野の誕生祝い
 3月20日(木)
  今朝、これまで私が撮りためた写真を入れた個人ミニアルバムを6年生に渡しました。みんな素敵な表情をしています。そして、各担任が作成した1年間を集約したDVDを鑑賞。このところ、6年担任は睡眠時間を削りに削っています。
 午後には全職員で卒業式の会場設営等の準備をしました。子供たちの思いがしっかり表現できるようにと細心の注意を払って準備しました。後は月曜日を待つだけです。
 
                          子供たちの入場を待つだけとなりました
 3月19日(水)
 修了式まであと1週間となた今日、3年2組に、2年3組の子供たちが訪ねてきました。もうすぐ3年生になるということで、3年生の内容を聞きに来たのです。おかげさまで、3年生になる心構えがしっかりできました。
 2年1組では、お別れ会を行っていました。楽しい会で転校する友達にとってもとてもよい思い出になったことと思います。
 あと少しで子供達は進級します。

     3年生を訪問した2年生(3年2組、2年3組)          お別れ会(2年1組)
 3月18日(火)
 卒業式も間近の今日、最終確認をするために卒業式予行を行いました。6年間の集大成となる卒業式。六年生の最高の姿をここで示してほしいと願っています。
 音楽室では3年生がリコーダーの発表をしていました。3年生で初めて手にしたリコーダーですが、とてもいい音色を響かせていました。1年間の成長、大きいものがあると実感しました。
  
       卒業式予行での最終チェック(6年生)                リコーダーの発表(3年1組)
 3月17日(月)
 卒業式まであと一週間となりましたが、今日は春をしっかり感じる穏やかな日となりました。それぞれの学級で学習のまとめに余念がありません。
 みやのこ学級では実際のお金を使って算数の学習をしておりました。実生活で役に立ちますね。
 また、6年1組では国語の時間で卒業に向けてのメッセージを順番に読んでいました。さすが6年生。かなり深く考えた内容でした。
 3年2組では、「さよなら週間で何をやるか」を学級会で決めていました。もうすぐこのクラスの仲間ともお別れです。何をすることに決まったのでしょうか。
 5年2組は、社会科で自分たちで調べた国についての発表です。このグループでは、日本とアメリカの違いを具体的に発表しておりました。
  
          算数の時間(みやのこ学級)              国語の発表(6年1組)
 
               学級会(3年2組)                   社会科の発表(5年2組)
 3月14日(金)
 本日は大宮東中学校の卒業式に参列して参りました。小学校とは違い、中学校の卒業式では送辞・答辞があります。素晴らしい答辞に保護者の目から涙がこぼれていました。
 中学生の歌は圧巻です。式歌もさることながら、式後に歌われた2曲の合唱も素晴らしかったです。
 
            答      辞                                 式後の合唱
 3月13日(木)
 今朝は、今年度最後の
「おはよう活動」を無事終えました。1年間、よく頑張ってくれました。
 今日は「最後の○○」がたくさんありました。4年3組では「最後の書写」の授業。森教諭の指導で今日は絵の具で自分の好きな字を書きました。思いを込めたのは字だけではありません。色にもそれぞれ意味がありました。「復興」「東北」などの字もあり、4年生ながら意識が高く、心の豊かな子供たちです。
 校長室でも「最後の会食」が行われました。今日の会食では、歴代の校長の絵や写真を鑑賞!?もして盛り上がっていました。
 6時間目は「最後のクラブ活動」、小雨降る中、元気に外で活動するクラブ等、最後のクラブを楽しんでおりました。まとめ役の6年生お疲れさまでした。
 
         書写授業で「幸せ」の字を説明               歴代校長の絵を鑑賞”!?

   小雨の中、ゲームを楽しむボールスポーツクラブ            カルメ焼きを作る化学クラブ
 3月12日(水)
 今日も大宮小学校では、様々な学習が行われました。先ずは5年生の家庭科。ホットケーキを作る授業です。中にはもんじゃ焼き状態になってしまった物もありましたが、これも勉強です。自立するためには、絶対に必要な技能です。
 3年生は、学校から歩いて1分という近さの倉屋敷神社に行きました。そこの初午のお祭りがあり、お囃子を見せていただいたのです。毎年恒例となっていますが、そこで笛を吹いていた方は70年前の卒業生とのこと。大先輩の生演奏を聴かせていただきました。
 五時間目には、学校保健委員会が開かれました。埼玉県警の方を招いた「薬物乱用防止教室」です。説得力あるリアルな事例も交えたお話に、参加した6年生も真剣に聞いておりました。その後で校医さんお一人お一人からも子供たちに直接お話をしていただきました。 
 
         「ホットケーキ作り」5年2組              「薬物乱用防止教室」6年生

           初午のお囃子                         お面をかぶらせてもらいました
 3月11日(火)
 今日は音楽朝会からスタートしました。今日の指導は本校の井上主幹教諭です。音楽が専門で今も合唱団に所属しています。普段は縁の下の力持ち的な存在ですが、今日は全面に出ての指導です。子供たちが歌う「さようなら」の歌声はどんどん変わっていきました。大宮小学校の子供たちの歌声が更によくなりました。

 みんなの時間に大宮シニアライオンズクラブが実施してくださっている「善行賞」の表彰がありました。晴れ舞台に出ることの少ない善行。担任はちゃんと見ていたのです。宮本晴夫会長さんからは
「善行に卒業はない。これからも頑張って」
と励ましの言葉をいただき賞状を一人ひとりに手渡ししていただきました。
 
                         音 楽 朝 会

                         善 行 表 彰
 3月10日(月)
 5時間目に6年生と保護者の皆さんとで、卒業前の奉仕活動として水道場などをきれいにしていただきました。普段手の行き届かぬ場所を丁寧に磨き上げてくれました。感謝です。
 また、その後で、保護者で組織する卒業実行委員会の解散式が行われました。杉山委員長をはじめとする委員の皆様、素晴らしい謝恩会等、本当にありがとうございました。
 
                             奉仕活動をする6年生と保護者の皆様
 3月8日(土)
 本日は、大宮チャレンジスクール特別企画として「スプリングコンサート」が開かれました。出演者は、
多久和怜子さん(フルート)平石愛美さん(ピアノ)
のお二人です。多久和さんは、本校出身で、本校の吹奏楽部で初めてフルートを手にしたとのこと。それ以来様々な場所で活躍され、本年度の第82回日本音楽コンクールフルート部門で第二位という輝かしい成績を収められました。現在は、ソロ活動やオーケストラの一員として全国で活躍されています。
 コンサートでは、子供たちになじみの深いデイズニーやジブリの音楽、そして、まさに目にもとまらぬ早さの技を披露していただくなどあっという間の1時間でした。アンコール曲はなんと「校歌」です。卒業生ならではの選曲、全員で大きな声で歌うことができました。
  
       フルートの解説もしていただきました              校歌を全員で歌いました
 
      コンサートの感想を子供達に聞きました             感謝の花束贈呈
 3月7日(金)

 インフルエンザの影響で延期になっていた「6年生を送る会」が本日開かれました。まだ、2クラスが学級閉鎖という状況でしたが、日程的にこれ以上延期をすることはできませんので、本日実施しました。

 みやのこ学級の迫力ある太鼓の演奏から始まり、6年生が合唱をし、それぞれの学年に思いを託すことで終了となりました。それぞれの学年は、6年生に対する感謝の気持ちや励ましのエールを劇にしたり、6年生の表情を大きな写真で示したりと、工夫して思いを伝えていました。5年生は6年生の似顔絵を描いてプレゼントしました。私はその似顔絵を作成しているところを見たのですが、6年生の顔写真を見ながら作成した力作です。もらった6年生は大喜びでした。

 そして、最後は6年生の登場です。6年生の歌「最後のチャイム」は圧巻でした。この会の最後にお話させてもらいましたが、私の足先から背中までがゾクゾクとしたのです。子供達の奏でるハーモニーが実に見事だったのです。この子たちは卒業してもきっと、様々な場所や場面でいろいろな人とすてきなハーモニーを奏でていくのだろうな等と思いながら聞かせてもらいました。

 6年生が大宮小学校に登校するのは、卒業証書授与式当日を入れてあと10日です。この6年生が、どのような卒業式にしてくれるのかとても楽しみです。
 
               みやのこ学級                          1年生

                   2年生                              3年生

             4年生                                 5年生

 1年生が花を、5年生がはなむけの言葉を6年生に贈りました          6年生の合唱
 3月6日(木)
 6年2組の「朝の会」で、本をよく読んだ子に与えられる「あおぎり賞」を渡しました。色々と忙しい6年生にもかかわらず、よい本をたくさん読んでくれました。3年生は、5時間目に1学期に1回行っている学年集会を実施。子供たちが自分たちで司会やルールの説明などをし、寒風の中ではありましたがしっかり楽しんでいました。複雑なルールの説明をして、会を仕切る姿は実に見事でした!
 6時間目は委員会活動です。今日が最後の話合いの時間になりますので、ほとんどの委員会が1年間の総括をしていました。学年が違う子供達が、一緒になって学校をよくする活動をする委員会活動。「仕事を分担して組織で動く」「年齢が違う者同士で協力する」などキャリア教育の側面ももつ活動です。これまでの活動、お疲れ様でした。
 
    あおぎり賞を受け取る6年生(撮影 伊藤雅慶さん)         友達の説明を笑顔で聞く子供達

           ゲームを楽しむ子供たち              楽しくたべよう委員会
 3月5日(水)
 昨日、5時間目に4年生の「1/2成人式」がありました。一人ひとりが夢を語り全員で素敵な歌声も聴かせてくれました。
 今日から卒業式の練習が始まりました。寒い中での練習となりますので大変ですが、「礼」や「良い姿勢」を学ぶ貴重な機会でもあります。私は「Big voice」での返事、「証書授与」や「式辞」等での「Eye Contact」、そして「Smile」で夢を語るよう6年生に話をしました。子供たちは、大変しっかりとした反応を私に返してくれました。卒業式が今から楽しみです。
 今日は低学年とみやのこ学級の授業参観・懇談会がありました。足元の悪い中、たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。まもなく、学級は解体されますが、残りの日々をこれからも、しっかり充実させていきます。
 
      幼稚園児もうっとりした4年生の歌声               気持ちが引き締まっていた初練習

 みやのこ劇場の公演(昨日は1年生にも見てもらいました)       「明日へジャンプ」で自分の夢を語る2年生
 3月4日(火)
 今日の朝会では「真央ちゃんの涙」と題して、メダルは取れなかったけれども、最後に自分の力を出し切った浅田真央選手が流した涙の意味について話をしました。テレビ放送で行ったのですが分かってもらえたでしょうか。1年1組の音楽の時間はみんな楽しそうに打楽器を叩いていました。そういえば私もこの頃から打楽器が好きでした。大宮小学校からパーカッショニストが生まれるといいですね。
 
 3月3日(月)
 本日の午後、「謝恩会」がありました。子供たちは我々教職員と保護者を前にして、自分たちの成長を、器械運動、縄跳び、「生きる」
(谷川俊太郎作)の群読等で、しっかり示してくれました。また、我々教職員一人ひとりに書いた手紙を手渡ししてくれました。その後、子供たち一人ひとりが自分の夢を大きな声で披露しました。卒業まであと14日。「卒業してからも、大きく成長してくれる子供たち」になることを確信した会となりました。
 素敵な演技と歌を披露してくださった保護者の皆様ありがとうございました。また、連日、子供たちを叱咤激励し、夜遅くまで準備し続けた両担任にも感謝です。
 
          高いとび箱を飛び越します               力強い群読、涙が出てきました

         一人ひとりの夢が並び壮観です          保護者の皆様の演技、最後にしっかり花が咲きました
 3月2日(日)
  本日は本校吹奏楽部のさよならコンサートがありました。このコンサートをもって6年生は活動を終えることになります。本当にお疲れ様でした。本コンサートでは集大成だけあり、素晴らしい演奏をたっぷり堪能させてもらいました。途中、2曲ほど私もボンゴで参加し楽しませてもらいました。
 ご参会くださった皆様、子供達への温かなご声援をありがとうございました。
   
                 さよならコンサート                    小学校最後の演奏会を終えた6年生