11月のトピックス                            

 11月29日(土)
 今日の土曜チャレンジスクールは、清水市長も臨席されて「樹木診断」を行いました。これは、さいたま市造園業協会のお計らいで実施されたものです。樹木医の栗原氏・岡本氏の両名により、大宮小にある樹木の名前を当てる「グリーンアドベンチャー」、そしてプール脇にある大イチョウの樹木診断を行っていただきました。樹木診断は「ピカス」という音波断層診断器を使います。ここに示した画像が大イチョウの断層です。実行委員長の宮野氏が60年前にこのイチョウの前で撮った写真を見せていただくと、当時から既に大きい樹でしたので、かなりの樹齢になるのでしょう。
 いつも目にしている樹も名前を知ると親しみがわいてきます。子供たちの樹に対する意識は変わったのではないでしょうか。造園業協会の皆さん、樹木医の皆さんそして、土曜チャレンジスクールのスタッフの皆さんありがとうございました。 
 
 
 「樹木診断」の説明をする樹木医の岡本氏
 
「グリーンアドベンチャー」で説明をする樹木医の栗原氏
 
「ピカス」でイチョウの診断をする
 
イチョウの診断結果画像
 11月28日(金)
 朝は大分冷え込むようになりました。氷川参道のケヤキもすっかり色付き、落ち葉を散らしています。そんな美しい景色の中を子供たちは登校しています。
 今日は2年2組で体育の研究授業がありました。ドッジボールに移行する前の段階でのボール運動。投げるのが苦手な大宮小学校の子供たちですが、勢いよく投げていました。
 また、4年生は「大きな時間」の発表会。盲導犬やバリやフリーなど福祉関係の事を調べて発表していました。皆、自信をもち、「Big voice」で発表していたのが印象的でした。
 昼休みにバスケットボールクラブの子供たちが職員室を訪問。次のクラブの時間に「教頭杯」の試合をするので、その時に教頭先生に来てほしいとの依頼でした。バスケットの得意な石川教頭。もちろん二つ返事でしたが、当日、かなり指導が入るかも知れません。
 
 
紅葉したケヤキの下を歩く子供たち
 
「大きな時間」発表会(4年生)
 
体育の研究授業(2年2組)
 
教頭カップの依頼(バスケットボールクラブ)
 11月27日(木)

 今朝はとても空気が澄んでいました。朝の日差しが校庭の子供たちを温かく包んでおりました。
 今日は校内音楽会。比較的穏やかな天気でしたので良かったです。自分たちの出番になり、ステージに向かう子供たちの表情はとてもよかったです。もちろん、演奏や歌も。「本気」が今、大宮小のキーワードになっていますが、本気で音楽会に臨む姿がとても印象的でした。200席座席を用意したのですが、平日にもかかわらず立ち見が出るほど多くの方に御参観いただき感謝いたします。
 また、今日は佐々木教諭教諭の誕生日。子供たちが先生に分からないようにこっそり誕生日のお祝いを準備しました。子供たちの気持ち、嬉しいですね。
 

おはよう活動で落ち葉を拾う 
 
 サプライズ!佐々木先生おめでとう!!
 
1年生の鍵盤ハーモニカ
 
6年生の合唱
 11月26日(水)

 今日は、4年1組の子供たちが国語の学習で、私にインタビューをしました。子供たちの数が多かったので会議室でインタビューは行われ、校長の仕事や工夫、そして苦労等の質問を受けました。4年生に校長の仕事を説明するのはかなり難しかったのですが、みな真剣に質問し、聞いてくれました。
 1年1組は生活科の授業でした。何やら物作りに励む子供たち。色々と作品の解説をしてくれました。ひたすらよい作品を目指して、作り続ける図工とは違い、しっかり説明するところが生活科らしいですね。
 隣の写真は3年生の英会話。全て英語でというわけにはいきませんが、ジェスチャーを交えてコミュニケーションをとっていました。新しい教育課程でも、3年生は教科ではなく、活動になるようです。
 
 
インタビューに答える(4年生
 
校長室前で写真を見る
 
生活科(1年生「)
 
英語活動(3年生)
 11月25日(火)
 今日は音楽朝会からスタートです。金曜日の141周年記念コンサートでも素晴らしい演奏で「翼をください」を歌いましたが、今日は音楽朝会で素敵な歌声を響かせました。
 また、今日は付属幼稚園の園児が学校図書館を訪れました。初めは大量の本に圧倒されていましたが、盆子先生の読み聞かせで完全に本の世界に入っていきました。2年生の生活科
「もっと町の人たちとなかよくなろう」では、PTA会長の横山さんにインタビュー。今日は会長さんとしてではなくセブンイレブンの店長さんとして話しをされていました。小川メガネの高橋さんにもお話を伺いました。
  午後は「学校保健委員会」大宮警察署の方に「薬物乱用防止教室」を実施していただきました。参加した6年生は、新聞紙上を賑わしている薬物の恐ろしさについて、十分理解できたと思います。
 
音楽朝会

園児に説明する盆子司書 
 
 説明する横山さん

薬物をの恐ろしさを話す大宮警察の方 
 
 11月21日(金)
 今日は日本を代表するラテンバンド「クワトロロコス」のコンサートがありました。素晴らしい演奏と楽しい進行に子供たち(幼稚園児も)だけでなく、保護者や教職員も魅了されました。文字通り、音を楽しむことができた子供たち。大宮小の吹奏楽部とも「ブラジル」を共演していただきました。私もボンゴで加わり、あこがれのメンバーと共演することができました。
 又、リハーサルやサウンドチェックがあるため、朝からクワトロロコスのメンバーはいらっしゃいましたので、ラテン給食を食べていただきました。久々の給食、それもラテン給食に、皆さん、とても喜んでいらっしゃいました。一流の音楽を聴かせていただいたメンバーの皆さん。盛り上げてくださった
「アサンテサーナ」の皆さんそして、参加してくださった皆さん。本当にありがとうございました。
 

ペッカー氏から指導を受ける吹奏楽部 
 
141周年記念コンサート(クワトロロコス)
 
アサンテサーナの皆さんのジャンベと踊り
 
吹奏楽部と共演(私も参加させてもらいました)
 11月20日(木)
 今日は4年2組で社会科の研究授業。子どもたちは社会科の命ともいえる資料の読み取りを真剣にしていました。授業の最中、あちらこちらから「分かった」の声が上がる授業でした。
 また、今日のクラブ活動は雨の為、外で活動する予定だったクラブが急遽室内に。自分たちでゲームを行う等して運動系クラブは体力作り!?に励んでおりました。
 

社会科授業(4年生) 
 
ゲームで楽しく!(クラブ活動)
 11月19日(水)
 今日は付属幼稚園で、第2回幼児教育研修会」が開かれ、これまでの研究と保育状況を公開しました。大宮小学校の敷地内にある幼稚園ですから幼少の連携は大きな研究課題です。今日の公開保育では、年長のすみれ組の園児と一緒に1年生が活動しました。ティッシュの箱やトイレットペーパーの芯等をブロックのように組み合わせて、様々な形を作るというものです。1年生は算数と関連した活動として行いましたが、さすがに1年生。幼稚園児に対してしっかりリーダーシップを発揮していました。
 昨日より、大宮東中学校から「未来くるワーク体験」として卒業生が来校。学校の様々な仕事を体験しています。今日は用務の仕事を体験しました。「縁の下の力持ち」としての仕事の重要さを理解してくれればうれしいです。
 
   
   
 11月18日(火)

 風は吹いていましたが、晴天に恵まれて本日「大宮小学校マラソン大会」が行われました。マラソンは皆様ご存じのように42,195Kmを走る競技です。小学校としての発達段階に応じた距離を走るのが本日の大会です。
 子供たちは毎日体育や課外活動、そして自分から進んで家で練習してきました。その成果を出すのが今日なのです。子供たちは見事に歯を食いしばりながら素晴らしい走りを見せてくれました。子供たちには

1 苦しいことはいつまでも続かない、諦めずに頑張れば必ず楽になる。だから何事に対しても諦めないこと。

2 自分の目標に届かず悔しい思いをしている子も多くいた。「悔しい」の次は「努力」。悔しいだけで終わらせずに次に向かおう。

と話しをしました。マラソン大会で体感した「本気」をバネに様々な活動にトライしてほしいものです。
 全体を通して素晴らしい応援がありました。一生懸命物事に取り組んでいる友だちを力一杯応援できる姿は、本当に素晴らしいものです。是非、この姿は大宮小学校の伝統として続けていきましょう。
 
 1年生  2年生
 
3年生
 
4年生
 
5年生
 
6年生
 11月17日(月)
 月曜日の「みんなの時間」は、私の最も好きな時間の一つです。子供たちは学級や学年単位で思い切り体を動かします。体力アップとして行われているのですが、子供たちも先生も皆とてもいい顔をしています。私はこの素敵な子を見る度に
「学力」「体力」と並んで、
「楽しむ力」があるのではないかと思うのです。
 人間が生きていくためには、様々な力が必要です。これからの人生を幸福に、健康的に過ごすための「楽しむ力」。子供たちは確実にもっていると思います。屈託のない笑顔を見せてくれる子供たちは、私達大人にその力を示してくれているのかも知れません。
 子供に近い保護者、そして我々教職員はその恩恵にたっぷり与っているのではないでしょうか。等と思いながら楽しくシャッターを切らせてもらいました。
 
   
   
 11月16日(日)
 今日は朝から「レッツジョインクリーン活動」がありました。全市で行われているクリーン活動に毎年、大宮東中学校の生徒が部活を休んでまでして参加しています。
 午後は大宮東中学校の校庭で、大宮小、大宮東小大宮東中学校の保護者と教員が集い、ソフトボール大会を行いました。成績はさておいて、午後の一時を楽しく過ごすことができました。明日以降、足の痛みが出てこなければいいのですが…。
 
 
  クリーン活動をする東中生
 
大宮小学校チーム(最後の試合では14得点しました!)
11月15日(土)
 今日は大宮第2東中学校30周年記念式典に出席してきました。みやのこ学級の先輩たちが大活躍。素敵な太鼓を聴かせてくれました。又、同じ時間に大宮小学校吹奏楽部が高島屋の前で路上演奏会。多くの方に見ていただきました。
 
 11月13日(木)
 子供たちは学習する時、様々な顔を見せます。楽しく学ぶ時、真剣に学ぶ時。それぞれとてもよい顔をするのです。大宮小学校の先生たちは、子供たちがこのような顔をするような授業を目指しているのです。
 3年生は太陽の光を鏡で反射させて体に当ててその暖かさを体感していました。私にも光りを当ててくれましたが、子供たちの温かな気持ちも入っていましたのでとても心地よかったです。 
 
 
太陽のひかりを調べています(3年理科)
 
  真剣(2年国語)
 11月12日(水)
 マラソン大会が迫ってきました。今日のみんなの時間は「あおぎり体力アップ」です。みんな一生懸命に走っていました。これまで朝の練習を「駅伝」の選手達と一緒にしてきました。選手達の走りに啓発されたのでしょうか。走り方もよくなってきたように思います。
 短距離走と違って、長距離走は苦しい運動であると思います。しかし、大宮小の子供たちは実に楽しそうに走るのです。それも、決して手を抜いて走っているのではありません。走ることを楽しんでいるように見えるのです。
 生涯にわたってスポーツに親しむ為にも楽しんで運動することをこの段階で体得してくれたら嬉しいです。教職員も負けてはいられません。走り終わった後に、子供と競争する先生もいました。もちろん、私にはとても真似できません。
 

楽しい子供たち 
 
先生も楽しそう!
 
  マラソン大会に向けて
 
 先生も負けずに走ります
 11月11日(火)
 雨が心配された「駅伝大会」が無事終了しました。男女とも素晴らしい走りを見せてくれました。走り終わって、思わず涙を流す子供たち。「本気」で練習し、試合に臨んだ証拠です。選手だけでなく、補欠や練習に参加しながらもユニフォームを着ることのできなかった多くの子どもたちに拍手です。そして、選手のために朝早くから指導し、、夜遅くまで一人ひとりの顔を思い浮かべながら、指導の準備してくれた教職員にも感謝です。 子ども達は速く走る術だけでなく、多くのことを学びました。
 選手達が給食を家庭科室でとり、教室に向かうところで「サプライズ」です。5年生全員が家庭科室から出るのを待ち構えて、大きな拍手です。そして教室に向かおうとすると歓迎アーチがあり、学習室でこれまでの健闘をたたえる表彰状と王冠が渡されたのです。これは全て子ども達が企画して実施しました。選手達にこのようなことができる高学年の子供たちにも大きな拍手を送ります。
 
 
 たすきをつなぐ

 「本気」の涙
 
  歓迎のアーチ
 
 栄光をたたえる
 11月10日(月)

 今朝は、明日行われる駅伝大会の壮行会。緊張気味の選手達に全校児童から大きなエールが送られました。また、本日は歯科衛生の巡回指導があり、さいたま市の歯科衛生士さん方がお見えになりました。5年生が指導を受けました。歯の健康には気を遣っている本校ですが、指導内容に更に「磨き」がかかりました。

 4年生は「大きな時間」です。乗り物等の福祉の状況について、調べたことをまとめていました。お互いに見合い、聞き合い、話し合ってまとめています。友だちが相談にのってくれる学校ならではの光景です。みやのこ学級は算数の授業。こちらは先生とのやりとりです。どちらも「あい」(合い、愛)があります。これからも「あい」のある学校づくりを推進していきます。
 
 
壮行会
 
 巡回指導
 
大きな時間(4年生)
 
算数(みやのこ学級)
 11月8日(土)
 今日は「あおぎりスマイル国際まつり」。6年生をリーダーとした縦割りグループで活動してきた成果を見せる日です。「自分から進んで活動してきたか」が問われる日ですから、楽しげながらも真剣に行っていました。
 今年は「スマイル」がこのお祭りの名称に加えられました。今年度から、毎日お世話になっている防犯ボランティアの皆さん他、大勢の地域の方に来ていただきました。地域の方々に子ども達が自分自身の手で運営する活動を見ていただこうと思ったからです。子ども達が発案し、運営していく催しですから、稚拙な所は多々あります。しかし、感謝の気持ちだけは伝わったのではないかと思っています。
 「スマイル」がたくさん見られた「お祭り」は素晴らしかった。6年生を中心とする子ども達、そして先生方、お疲れ様でした。
 
 
来賓代表で挨拶をする宮野氏
 
   
 11月6日(木)〜7日(金)
 政令指定都市小学校の研究協議会が広島でありました。指定都市の小学校長が300人弱集まり、学校経営のありかた等についての研究協議を行いました。
 札幌市から、北九州市、福岡市までの21の指定都市、それぞれの事情は違いますが、大都市特有の共通の課題はたくさんあります。大宮小と同じく、主体的な学習や活動はどの市でも課題となっていました。これからも「自分から進んで」を更に推進していきます。
 また、広島の平和のシンボルは、本校の木となっている「あおぎり」です。そのあおぎりを歌った「アオギリのうた」は広島市の小中学校で歌われ、市民に親しまれています。その歌を小学校2年生の時に作詞作曲した森光七彩さんの歌と演奏を聴くことができました。思わず森光さんに本校の話をしてしまいました。あおぎりは平和のシンボルです。今度、子ども達に紹介します。
 
 
  世界遺産の原爆ドーム
 
 爆心地を調べる小学生

被爆ピアノで「アオギリのうた」を歌う森光七彩さん 
 
 平和記念公園にあるアオギリ(歌が流れます)
 11月4日(火)
 今日は「あおぎり集会」からスタートしました。みんなで本を読もう委員会は自作大型絵本「お父さんはウルトラマン」を披露しました。ユーモアとペーソスのこもったお父さんの話に子ども達は楽しみながら聞き入っていました。また、健康第一委員会はクイズ形式で目の健康に関する問題を出し、分かりやすく解説してくれました。とても充実した集会でした。お疲れ様。
 明日から金曜日まで出張なので、5年3組が代表として出演する小中合同音楽会に行くことができません。そこで、特別にその歌声を聴かせてもらいました。美しいハーモニーにうっとりさせられました。よくぞここまで練習してくれました。
 午後は研修。北九州市から大庭先生をお招きしてお話をいただいた後、駆けつけていただいた杉田視学官そして、福岡からいらした脇田先生と私の尊敬する3氏によるシンポジウムを開催しました。
  
 
 みんなで本を読もう委員会
 
   健康第一委員会
 
   5年3組の合唱
 
  シンポジウム