給食室より                     今年度も、毎日の給食を紹介します!                



食品検査体制及び検査結果について(先月分


   おすすめ!
 朝ごはんレシピ


栄養士の考えた朝ごはんレシピを紹介します!
↑朝ごはんレシピはこちら(PDF形式)







給食紹介                                   
          
令和3年6月
    6月1日(火)
きんぴらごはん
牛乳
厚焼き卵
小松菜とわかめのサラダ
冷凍みかん
【給食室より】
 今日はきんぴらの炊き込みごはんでした。和食のごはんは洋食に比べると残ってしまいがちですが、今日はよく食べてくれました。クラスに行ったら「このごはんおいしい!」「すき!」という声を聞けたので、よかったです。
 今日は暑かったので、冷凍みかんがちょうどよかったです。
    6月2日(水)
セルフフィッシュパン
牛乳
野菜スープ
ヨーグルト
【給食室より】
 今日はパンの日です。コッペパンに、揚げた白身魚のホキを挟んで食べられるようにしました。ホキの味付けはケチャップをベースにすりおろしの玉ねぎを使用しています。みんな上手に挟んで食べていました。野菜はスープにたっぷり使用しました。ヨーグルトはけっこう余ったのが、意外でした。
    6月3日(木)
マーボー丼
牛乳
茎わかめのサラダ
そらまめ
【給食室より】
 今日は今が旬の「そらまめ」を出しました。本来なら2年生にそらまめを剥いてもらいたかったのですが、コロナの関係でみんなで触ることができないので、剥いてあるものを使用しました。そらまめは剥いてしまうとすぐに悪くなってしまうので、当日に剥いたものを使用しました。1,2年生には「そらまめくんのベット」という本を紹介しました。ほとんどの子が読んだことがあると言っていました。またそらまめの殻を用意して見せました。中がふかふかしているのを分かってもらえたと思います。
    6月4日(金)
かみかみごはん
牛乳
いかのかりん揚げ
まゆ玉汁
【給食室より】
 今日は「かみかみ献立」です。固めに煮た大豆を入れた歯ごたえの楽しめるごはんと主菜はいかのかりん揚げ、汁にはもちもちした白玉を使用したすまし汁です。どれもきちんと噛んで食べないといけない献立です。6月は歯の健康週間でもあります。普段からよく噛んで食べることが大切ですが、ついつい早く食べてしまう人は献立をよく噛まなくてはいけないものにするのもひとつの工夫だと思います。子どもたちにも普段からよく噛んで食べてもらいたいです。
    6月8日(火)
ナン
牛乳
ドライカレー
コーンサラダ
【給食室より】
 今日はドライカレーです。今日は1年生の教室に行ったら、”ナン”の話題がたくさん出ました。「ナンって何?」と言う子や「ナン知ってるよ!カレーにつけて食べるんだよ」と教えてくれる子もいました。高学年はほぼ残したクラスはいませんでした。1年生はナンをよく食べたと思います。サラダもいつもよりはよく食べました。
    6月9日(水)
山菜うどん
牛乳
ししゃもの磯部揚げ
香り漬け
【給食室より】
 今日はうどんの日でした。うどんは低学年は食べるのに時間がかかります。なので、時間内に食べ終わらない子が多々いて、残菜が多くなるのですが、今日は暑さのせいか、高学年も残してしまうクラスがありました。ししゃもは好き嫌いが分かれるので、香りがよく子どもたちが食べやすい磯辺揚げにしました。カリカリでおいしかったと思います。香り漬けはさっぱりとしょうががきいた味付けになっていますが、残しが多かったです。