PTAとは


大宮小
組織運営図




PTAの会議




本 部

本部役員
顧問・監事
選考委員会




専門部会

規 約



TOP





本部
顧問

顧問は学校長です。
 PTAの全ての会議に出席することができ、過去の事例や他校での経験を生かして会の運営をたすけ、助言をします。



監事


 
構成メンバー
 選考委員会の推薦により、理事会を経て総会で承認された監事若干名で構成されます。


役割
 予算が適正に執行されているか監査を行いその結果を会員に報告します。また、本部役員の執行内容を監査するお目付役としての役割も持っています。監事は、公正な判断力のある信頼できる人物であることが必要です。       


 
仕事
 10月に上期の会計監査、4月に1年間の会計監査を行います。
会計監査では、初めに「支払いの手続きは適正か」つまり、支払い請求書・会長の承認・領収書があるか、帳簿への記入もれはないかなどを調べます。
次に「会費が予算に基づいて適切に支出されているか」つまり、金額の計算・現金預金の残高に誤りはないか、項目ごとの収支は適正に処理されているかなどを調査確認します。 そして、理事会、総会において監査結果を報告します。





選考委員会


 
構成メンバー
 各学年理事から1名、各専門部から1名ずつ選出された委員と、教職員8名で構成されます。


開催時期
 時間的無理のない時期に、発会式を行い選考委員会を発足させます。その後、必要に応じて開かれます。       


 
目的・役割
 次年度の会長・副会長・監事を選考します。次年度のPTA活動の行方を大きく左右する大切な委員会です。中立の立場を守り、公正な選考を行うために、選考委員会は外部に対して非公開で行われます。


 
活動内容
 選考委員会が発足すると、委員の間で決められた選考委員長が中心になって活動を開始します。候補者を選び、本人の承諾を得ます。そして、理事会で推薦経過を報告した後、総会へ推薦し、総会で承認されると選考委員会の役割は終わります。