PTAとは


大宮小
組織運営図




PTAの会議

本 部

専門部会


規 約

会則
運営規程・
慶弔規程・
旅費規程
同好会規程




TOP





さいたま市立大宮小学校PTA会則


 
第1章 名称及び事務所
 第1条 本会は、さいたま市立大宮小学校PTAと称し事務所をさいたま市立大宮小学校内におく。


第2章 目的
 第2条 本会は、児童の健全な成長のために、保護者と教職員が一体となって児童教育の充実振興、会員相互の修養と親睦を図ることを目的とする。       

 
第3章 活動
 第3条 本会は、第2条の目的を達成するために次の活動を行う。
  1. よい保護者、よい教職員となるために会員相互の修養と親睦を図る。
  2. 家庭と学校とが緊密に連絡をとり、児童の生活を指導する。
  3. 児童の生活環境をよくする。
  4. 児童の健康増進のために努める。
  5. 教育を充実するための研究・視察・調査に協力する。
  6. 各学年・各学級の諸活動に協力する。
  7. その他、本会の目的を達成するために必要な事項。



 
第4章 組織
 第4条 本会の会員は、本校に在籍する児童の保護者と本校教職員とする。

 第5条 第3条の活動を行うために次の専門部をおく。
  1. 総務部
    学年・学級活動、総会の運営その他各部に属さない事項に関すること。
  2. 文化部
    会員相互の修養に関すること並びに児童及び会員の福利厚生に関すること。
  3. 広報部
    機関紙の発行、その他広報活動に関すること。
  4. 安全指導部
    児童の校外指導及び社会教育に関すること。


 第6条 本会に次の役員をおく。
  1. 会 長 1名
  2. 副会長 4名(内1名は教頭)
  3. 幹 事 若干名
  4. 監 事 若干名
  5. 学級理事 各学級4名
    (総務部、文化部、広報部、安全指導部のそれぞれの専門部員となり学年理事を兼ねる。)
    但し、複式学級はこの限りでない。
  6. 各学級理事長  1名
  7. 各学年理事長  1名
    各学年副理事長 若干名
  8. 各専門部長  1名
    各専門副部長 2名
  9. 教員は、第5項の規定にかかわらず、学級理事とする。


 第7条 学校長は、本会の顧問としてすべての会に出席して意見を述べることができる。



 
第5章 役員の選出
 第8条 会長、副会長、監事は、選考委員会の推薦により理事会を経て総会で承認する。幹事は、会長が指名する。

 第9条 選考委員は、各学年理事より1名、各専門部より1名、教職員8名で構成し、委員長は互選とする。

 第10条 選考委員会は、第8条の役員を選考し、本人の承諾を得て総会へ推薦する。

 第11条 学級理事は、学級ごとに保護者より選出する。学級理事長は、学級理事の互選とする。学級理事長は、総務部に所属し、他の3名は、文化部、広報部、安全指導部に所属する。

 第12条 各学年理事長、各学年副理事長は、学年理事会で学級理事長より選出する。但し、副理事長1名は、学年主任とする。

 第13条 各専門部長、各専門副部長は、各専門部において、部員より互選する。但し、副部長1名は、教職員とする。

 第14条 教職員は、専門部員となる。

 第15条 会長、副会長、幹事、監事を除く役員は、総会前にそれぞれ選出する。

 第16条 会長、副会長、各専門部長、各学年理事長、幹事、監事は、兼任することはできない。


第6章 役員の任期
 第17条 役員の任期は1年とし、再任は妨げない。但し、副会長、同一専門部長の再任は1回を原則とする。補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。       

 
第7章 役員の任務
 第18条 役員の任務は次のとおりとする。
  1. 会長は、この会を代表し会務を総理する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代理する。
  3. 幹事は、会長の命を受けて庶務・会計・書記に従事する。
  4. 監事は、会計の監査に当たる。
  5. 学級理事は、学級・学年諸活動に当たる。
  6. 学級理事長は、各学級に理事を代表して学級の諸活動の運営に当たる。
  7. 学年理事長は、当該学年の理事を代表して学年の諸活動の運営に当たる。
  8. 専門部員は、各専門部の諸活動に当たる。
  9. 専門部長は、各専門部を代表して諸活動の運営に当たる。



 
第8章 機関
 第19条 本会に次の機関をおく。
  1. 総会
  2. 理事会
  3. 学年理事会
  4. 学級理事会
  5. 専門部会
  6. 運営委員会

 第20条 総会は毎年1回開き、役員及び予算決定の承認並びに活動会務の報告をする。必要に応じて臨時に開くことができる。

 第21条 理事会は必要に応じて開催して、予算決定及び活動等重要な事項を審議する。

 第22条 学年理事会、学級理事会は、随時開催して、それぞれ学年諸事項、学級諸事項について協議する。

 第23条 専門部会は随時開催して、活動計画及び執行について協議する。

 第24条 運営委員会は、会長・副会長・幹事・各学年理事長・各学年副理事長・各専門部長・各専門副部長で構成し、会長が随時招集して本会の活動について審議運営する。
 尚、緊急止むを得ない事項については、運営委員会で審議執行する。

 第25条 議事は出席者の過半数をもって決める。第19条の第1、2項の議長は会長、副会長を除く構成員から選び、第3、4、5、6項の議長は、招集者がなる。


第9章 会計
 第26条 本会の経費は、会費及びその他の収入を当てる。

 第27条 会費は定額とし、月々定められた額を集金するものとする。

 第28条 予算の款内流用は、運営委員会で決まる。本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。


付則

  1. 本会則の改廃は総会の決議を経なければならない。
  2. 本会則実施に必要な諸規定の細則は、理事会の協議を経て定める。
  3. 本会則は昭和23年6月8日より実施する。
  4. 本会則は昭和36年5月21日一部改正し即日実施する。
  5. 本会則は昭和37年5月13日一部補足改正し即日実施する。
  6. 本会則は昭和41年3月6日一部補足改正し昭和41年4月1日より実施する。
  7. 本会則は昭和44年3月17日一部改正し昭和44年4月1日より実施する。
  8. 本会則は昭和55年4月28日一部改正し即日実施する。
  9. 本会則は昭和59年4月27日一部改正し即日実施する。
  10. 本会則は昭和62年5月8日一部改正し即日実施する。
  11. 本会則は平成3年4月30日一部改正し即日実施する。
  12. 本会則は平成4年3月11日一部改正し平成4年4月27日より実施する。
  13. 本会則は平成8年2月27日一部改正し平成8年4月1日より実施する。
  14. 本会則は平成10年5月6日一部改正し即日実施する。
  15. 本会則は平成13年4月27日一部改正し平成13年5月1日より実施する。
  16. 大宮市、浦和市、与野市の三市合併に伴い、校名をさいたま市立大宮小学校と改称し、平成13年5月1日即日実施する。
  17. 本会則は平成16年2月13日一部改正し平成16年4月1日より実施する。